So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

学校教育を考える<5> [Essey]

 日本では戦後復興していく中、教育基本法で「教育の中立性」を謳いつつ、教育委員会と日教組という対立構造が組み込まれていきます。

 このような手法は、各国への内政干渉と同様、まとまりのない社会を作り上げるための、典型的なやり方となっています。

 中教審や臨教審といった組織を立上げ、支配者側が進めたい方向へ、自分たちの意向を反映させるためのシステム作りと言えます。

 軍人を育てるための兵学校と同様、すべての学校は、チャイムが鳴るとともに始まり、チャイムが鳴るとともに終わる、厳格なタイムスケジュールで運用されます。

 授業開始のチャイムさえ鳴れば、嫌でも席につき、どんなにつまらない授業でも、次のチャイムが鳴るまで、じっと我慢して座っていることを強制されます。

 食事の時間も、みんなと一緒に、同じ物を、決められた時間内に、食べ終わなければなりません。

 時間通りに、集団行動することが、学校という空間を支配する基本的なルールであり、「義務」教育として、国民全員を放り込み、その習性を叩き込むわけです。

 それこそが最大の目的である以上、学校で「勉強を教える」のは2の次であり、学校以外に「塾に通う」などという、バカげたことが成り立つ社会状況となっているわけです。

 さらに言えば、今だに、あちこちで問題視される「社会の実情とは大きく乖離した、学校独自のおかしな校則」についても、そもそもの目的が(兵士として)「集団のルールに従うことを仕込むための学校」という視点から見れば、その奇妙さが「なぜなのか」という意味がわかります。

 異常さを表す校則の例では「天然パーマは、それを証明できる幼児期の写真を提出すること」「通学時は2列以下の横隊歩行し、道の右側を歩くこと」「目的もなく廊下を歩いてはいけない」「チャイムが鳴っている間は動いてはいけない」「スカートは膝上5センチまで」「ポニーテールは禁止」「父親以外の異性とは一緒に歩いてはいけない」「マフラー、手袋禁止」などですね(笑)

 これらはすべて、異常な「理不尽」な校則ですが、軍隊、兵学校と思えば、あり得る規則なのでしょう。

 登校時の服装チェック、教室での頭髪検査、持ち物検査など、まさしく「兵士育成学校」そのものであって、勉強とはまったく関係ないですね。

 ということで、日本の学校教育の奇妙さは、もともとが「国民国家と工業化社会の実現」という装置のために生まれた歴史的産物である、ということです。

 現在の学校教育を巡る議論に欠けているのは、こういった歴史的視点であり、これを改めるという発想がない限り、根本的な解決は望むべくもありませんね。

 以上、「なぜ、日本の学校教育はこんななのか、こういう状況になっているのはなぜなのか」を「考えてみる」でした。
nice!(0)  コメント(0) 

学校教育を考える<4> [Essey]

 日本は敗戦後、アメリカを始めとする連合国軍に占領され、それまでの学校教育の内容が、また異なるものに変更されました。

 アメリカ(ユダヤ系国際金融権力の手先)の狙いはあくまで、日本を支配し、自分たち用の「拠点」とすることです。

 戦後の学校教育は、GHQの決定により、小学校6年・中学校3年・高等学校3年・大学4年と定められました。

 戦後の『新教育指針』によって、アメリカによる日本人の自虐史観を強く刷り込む流れが作られ、日本人の反米意識の矛先を、巧妙に回避するしくみが構築されました。

 本来であれば、市街地に原爆投下などという、市民も女性も子どもも、何もかも巻き込んだ無差別の大量虐殺行為は、人道上あり得ない残虐行為です。

 それを唯一やったのがアメリカであり、日本を占領しているのもアメリカであるにも関わらず、日本人は自分たちの戦争行為を反省し、アメリカの言いなりになる奴隷と化していきました。

 ほとんどの日本人がすっかり洗脳されてしまい、アメリカのことを「いざとなったら助けてくれる」「サポートしてくれる」友人とさえ、思ってしまっているわけです。

 敗戦前日まで「鬼畜米英」と言っていた人たちが、コカ・コーラを飲み、ジーンズを履き、サーフィンをする、アメリカンカルチャー・ライフスタイルに憧れる人たちに、180度変貌していくわけです。

 これほどまでに見事な「洗脳教育」は、どのようにして進化してきたのでしょうか。

 その原点にあるのは「金貸したちによる支配のための洗脳教育」という背景にまで遡ります。

 その始まりは「キリスト教を利用した洗脳」戦略・作戦でした。

 バチカン(カトリック)を支配し、プロテスタントをも洗脳していった金貸したちが、国全体にキリスト教教育を行うことで、身分の上下を容認する意識に洗脳していくことに成功します。

 貴族、平民、奴隷という身分階層、生まれながらの不平等などを受け入れさせるための洗脳です。

 ヨーロッパの場合、ギリシアの時代から(同じ人間であるのに)奴隷を作り、使い捨てしてきました。

 その発想の原点は、人間を家畜同様に飼い馴らすという発想にあります。

 キリスト教(プロテスタント)では、教職者を「牧師」と呼び、「迷える子羊」(家畜)たちを導くというわけです。

 「羊の群れ」を思いのままに操るには、群れのボス的存在を作り、そのボスに追従させるという思想です。

 当時のギリシア・ローマでは、自分たちのことを「市民」と称し、自分たちの平等を口にしながら、市民だけが平等であって、市民の数倍にもなる(同じ人間なのに)奴隷をこき使っていました。

 しかも、ギリシャの哲学者たちも、その自己矛盾に気づかず、平気でいる精神構造はどうなっているのでしょうか?

 これらの「意識化」の根源にあるのは「自我の塊」ということですね。

 自我とは「他者否定」と「自己正当化」のことであり、強烈な自我の塊であるということは、真の平等意識のかけらもない、ということと同じです。

 言い換えれば、自分たち以外の他人を、同じ人間とは見なさず、口先だけではどうこう言っても、潜在意識の中では家畜視しており、「そもそも同じ人間ではないのだから、支配しても、騙しても、殺しても良い」と思っていると。

 実際、ユダヤ教の聖典である旧約聖書には「奴隷」という言葉が頻繁に登場し、現人神になる人間がいるから、奴隷にされる人間も生まれる、高い身分があるから、低い身分もある、というのが当然の認識として語られています。

 つまり、徳の高い自分たちだけが「自由・平等」で、その他の低い者が虐げられても平気でいられるという、自分たちとは別の基準(自己都合によるダブルスタンダード)をもともと持っているということです。

 日本人や(アフリカを始めとする)その他の地域の人たちから見れば、そんな考え方は、論理性も、整合性もないわけですが、古代からそのような視点・認識が欠落したままなわけです。

 そういう認識だからこそ、「奴隷制」や「原爆投下」などの非人道的な暴挙を、平気で行えるわけです。

 キリスト教を利用した、指導者に従わせるための「調教」として、「羊は羊として生きること」と「支配されること」を受け入れさせる洗脳が実行されてきたわけです。

 家畜が、群れとしてまとまって歯向かってこないように、あるいは社会全体のことに視点が向かわないように「個人主義」を教え、「自由」や「人権」など「微妙な対立構造」を仕組み、仲間や集団同士で「競争相手」として教育し、成功してきたわけです。

 続きは「学校教育を考える<5>」にて。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問