So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

貨幣経済と金融支配体制を考える<1> [Essey]

 まずは、歴史的変遷から、たどってみます。

1.貨幣経済の誕生

(1)「貨幣」の始まり
 もともとは「物々交換」をしていた時代に、その不便さを解消するため、世界各地で「モノの価値を表す」さまざまな素材を使った「貨幣」が考案されました。

 人類史上の各時代で、石、貝殻、金、銀、銅、木製や陶器製のものまで作られました。

 日本においても「絹糸」「紙」「お米」「古代中国(明や宋)の銅貨」「金の小判」や「銀の粒」などの貨幣が流通してきました。

 その後、世界の国々が貿易によって、世界的な取引を行うようになり、世界中で通貨システムが統一されていきました。

(2)「紙幣」と「コイン」による通貨システム
 現代の世界の国々で共通する通貨システムは「紙幣とコイン」となっています。

 「紙幣」と「コイン」による通貨システムは、中世ヨーロッパが起源となります。

 もともとは、価値の高い大事な「ゴールド」を、丈夫な金庫を所有する金庫番(当時の金細工職人や両替商)に預けることから始まりました。

 「ゴールド」を預けた代わりに、その証明書として預り証を受け取り、この「預り証」が紙幣となっていきます。

 やがて、いちいち預り証を持って金庫番へ行き、預けたゴールドを引き取って、ゴールドで商取引するのが面倒になり、人々は預り証で直接、取引するようになります。

 預り証でモノを買い、モノを売ったときに預り証を受け取るのが一般化し、「ゴールドの預り証」であったはずの「紙」が、通貨としての機能を持ち始めます。

 預り証だけで商取引が成立するようになると、預り証が「信用」となり、誰も金庫番のところに、自分の「ゴールド」を引き取りに行かなくなります。

 莫大な量の「ゴールド」を保有する金庫番は、「ゴールド」を預けていない人にも「預り証」を発行し、利子をつけて貸すようになったのが銀行の始まりです。


2.銀行の強大化と国の権力中枢の掌握

(1)銀行の強権化
 国王までが、銀行からお金を借りるほどの状況になると、戦争のたびに、各国の国王は多額の戦費を銀行家から借りるため、「戦争」は、銀行家にとって一番うまみのある事象となりました。

 もし、貸し付けた国王が、戦争に負けて借金を返せなくなれば、借金の担保である国王の財産・土地・建物・税金が銀行家のものになります。

 こうして戦争のたびに、莫大な財産を増やし続けて財閥化し、国王と対等以上になった銀行家たちは、王族と血縁を結び、貴族となっていきました。
(のちに「銀行家」が、国を動かして「戦争」を仕掛けるようになっていきます。)

(2)特権階級となった銀行家の権力中枢の掌握
 特権的な貴族となった銀行家は、さらに大きな権力をもち、実際の手持ちの「ゴールド」よりも、ずっと多くの紙幣を発行する権利を国王に認めさせます。

 つまり、何の価値の裏づけもない紙切れに価値をつけて、人々にどんどん貸し出す権利「通貨発行権」を手に入れます。

 ただの「紙切れ」をどんどん印刷して、人々に利子を付けて貸し出し、返せなければ、家、店、車、貴金属、宝石、家畜など価値のあるものなら何でも担保に持っていき、すべて銀行家の財産になっていきます。

(3)ロスチャイルドの新興
 世界で最初に、この通貨支配体制を築き上げ、世界中の富を手中にし、世界を支配している代表的な銀行財閥が「ロスチャイルド家」です。

 中でも、イギリスに渡った三男のネイサン・ロスチャイルドは、1815年のイギリス連合軍とナポレオン率いるフランス軍との戦いに出資し、戦果の情報をいち早く手に入れ、他の全投資家を出し抜き、一人勝ちします。

 この戦争の結果、ほとんどのイギリスの大金持ちや名家が破産したのに対し、ネイサン・ロスチャイルドは、当時の財産300万ドルを、一気に2500倍の75億ドルに増やします。(1億円が2500億円になる倍率です。)

 こうして1810年にロンドン証券取引所の支配者となり、ヨーロッパの金融を独占し、「世界一の金融王」として君臨、今のロスチャイルド財閥の世界支配のベース基地となりました。

(4)ロスチャイルドのアメリカ進出
 続いてロスチャイルド一族は、アメリカに進出し、自分たちの強力な代理人として、J・P・モルガンとJ・シフを支援し、アメリカに巨大なモルガン財閥、シフ財閥を形成させます。

 モルガンとシフを通して、資金的支援をしたJ・D・ロックフェラーは石油王に、ハリマンは鉄道王となり、それぞれも巨大財閥を形成し、欧米を共通支配する「世界的な国際金融権力」へと変貌していきました。


 続きは、Part2へ。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。