So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

有名な「漁師とコンサルタント」という話を考えてみる [Essey]

 この「漁師とコンサルタント」という話は、アメリカのビジネススクールでMBA(Master of Business Administration:経営学修士)を取得したコンサルタントが「いかに役に立たないか」を皮肉ったジョークらしいです。
 だいたいこんな話です。
−−−−−−−−−−−−−−
 メキシコの海岸沿いの小さな村に、MBAの資格を持つアメリカのコンサルタントが訪れた。
 ある漁師の船を覗くと、活きのいい魚が獲れている。

 コンサルタントは聞いた。
「いい魚ですね。漁にはどのくらいの時間かかるのですか?」

漁師「そうだな、数時間ってとこだな。」

「まだ日は高いのに、こんなに早く帰ってどうするのですか?」

漁師「妻とのんびりするよ。一緒にシエスタを楽しみ、午後にはギターを弾きながら子どもと戯れ、夕暮れにはワインを傾けながら妻と会話を楽しみ、それで、寝ちまうよ。」

 それを聞いてコンサルタントはさらに質問した。
「なぜもう少し頑張って漁をしないのですか?」

 漁師は聞き返した。
「どうして?」と。

コンサルタント「だって、もっと漁をすれば、もっと魚が釣れる。それを売れば、もっと多くの金が手に入り、大きな船が買える。そしたら人を雇って、もっと大きな利益が出る。」

「それで?」と漁師は聞く。

コンサルタントは答える。
「次は都市のレストランに直接納入しましょう。そうしたら、さらに大きな利益がうまれる。
 そうなれば、この小さな村から出て、メキシコシティに行く。
 その後はニューヨークに行って、企業組織を運営すればいい。」

「そのあとはどうするんだ?」漁師はさらに聞いた。

 コンサルタントは満面の笑みでこう答えた。
「そこからが最高だ。企業をIPO(Initial Public Offering:新規株式上場)させて巨万の富を手に入れるんだ。」

「巨万の富か。それで、そのあとはどうするんだい?」と漁師は最後に質問した。

「そしたら悠々とリタイヤさ。小さな海辺の町に引っ越し、家族とのんびりシエスタを楽しみ、午後にはギターを弾きながら子どもと戯れ、夕暮れにはワインを傾けながら妻と会話を楽しむ。のんびりした生活を送れるのさ。」

 漁師はため息をつき、やれやれ、という顔で一言を付け加えた。
「・・・・そんな生活なら、もう手に入れているじゃないか。」
−−−−−−−−−−−−−−

 まあこれはこれでいいのですが、困ったことに、自分にとって、この「海辺の町で、のんびりと過ごす生活」が「まったく羨ましくない」ということに気づかされてしまったわけです(笑)

 自分でも「そうだったのか」とびっくりしましたが(笑)、こういうところで、まあ1週間ぐらいなら、のんびりするのは良いかもしれません。

 しかし、もしそれが2週間も続くと「大事な、自分の短い人生を、こんなところで、ただ無為に、無駄に、過ごしていて良いのか」という感情が、湧き起こってくることは間違いありません(笑)

 別に自分は、ワーカーホリックなわけではありません。
 単純に、「人生を楽しむ」「ひたすら遊ぶ」という観点においても、例えば、「世界最高峰のサッカー」を観ることが、自分の最高の至福の時間でもあるわけです。

 もし、十分なお金と時間があるなら、ワールドカップ、チャンピオンズリーグ、欧州選手権、南米選手権、そのほか、すべての世界大会を、現地に行って、直接観たいわけです。

 もちろん、サッカー日本代表の試合も観たいですし、応援したいですよね。
 海辺の田舎町で「食って、寝て」る場合じゃありません(笑)

 つまり自分の場合、こんな田舎の「海辺の町」にいたのでは、人生を「まったく楽しめない」「何もおもしろくない」「まったく羨ましくない」わけです(笑)

 サッカー以外でも、例えばローリング・ストーンズ、U2、ブルーノ・マースなど、世界ツアーレベルの音楽・構成・演出で、圧倒されるようなコンサートに行って、全身で打ち震えたいわけです。

 頭のてっぺんから足の先まで、圧倒的なエネルギーを浴びながら、その音楽性の高さに、鳥肌を立てながら、体ごと感動したいわけです。
 それこそが「自分にとっての幸せな時間」なわけです。

 「食べる」にしても、例えば「オテルド・ミクニ」のような「芸術的な域」にまで到達した、最高の料理を味わって感動したいわけです。

 もしお金と時間を問わないのなら、フランスのジョエル・ロブションの世界最高峰のコース料理を心の底から堪能したいわけです。

 たった1度の人生、田舎の「海辺の町」で、自分で漁をしてきた魚中心の同じような料理を(しかたなく毎日)食べてる場合じゃありません(笑)

 あるいは、大好きな映画にしても、例えばリドリー・スコット監督の最新作が、高画質/高音響の最新型シネコンで観られないなんて、そんなつまらな過ぎる生活、自分には無理なわけです(笑)

 自分にとっては、「小さな海辺の町に引っ越す」時点で、苦痛でしかないわけです(笑)
 何で、そんなつまらない毎日を過ごなくてはならないんだと。
 下手すれば、囚人じゃないかと(笑)

 という、この話の本来の趣旨とは、まったく違う受け取り方になってしまったのが、「自分でも意外で、おかしかった」という話でした、ちゃんちゃん(笑)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0