So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

『NHKスペシャル マネー・ワールド 資本主義の未来 第1集』について [Essey]

『NHKスペシャル マネー・ワールド 資本主義の未来
 第1集 世界の成長は続くのか』について

 番組を観ながら、「自分になりに気づいたこと」をまとめてみました。

 すでに観終わった方向けの思い切り踏み込んだ内容なので、まだ観ていない方はご注意ください。

*「もう観た方を対象に」ということで、番組自体の内容は省略します。

*あくまで個人的な「気づき」ですので、番組内では語られていないこと、番組での解釈とは違う場合があります。

*そして、ここに書いたことが、自分と違うからって反論しないでくださいね(笑)
(人それぞれ受け取り方がありますし、何も「人と同じ考えにしなければいけない」わけではないですので(笑))

<1>実体経済の成長とは

 産業革命後、欧米列強が世界中に進出し(日本も戦後、その流れに追随)、爆発的な経済成長を続けてきた。

 各先進国が、ありとあらゆる国に進出し尽くしたところで、経済成長がストップ

 「モノ」を伴う「実体経済」の「成長限界」を迎えた。

<2>仮想経済の成長とは

 ストップした「実体経済における成長」の「代替」として、「実体経済」ではない「仮想空間における経済成長」というものを、人類は新たに創り出し、再び、爆発的な経済成長が再開された。

 いわゆる「お金がお金を生む」という、「金融商品そのものに巨額投資され、価格が上がり、さらに投資を生み出す、「仮想価値」の拡大再生産金融システム

 そして「仮想空間における経済成長」も限界に達し、リーマンショックで経済成長がストップ。

 「仮想経済の成長」の限界を迎えた。

<3>第3の経済成長の源泉とは

 では、次なる「第3の手」は何か?

 それが「AI」を中心とした「イノベーション経済」であり、革新的な「シェアリングエコノミー」である。

 「AI」による、これまでの「人類の能力」を超えた、新たな「価値創造」による「経済成長」。生産性の向上。

 ほぼ「生産コスト」をかけずに「価値」だけを生み出す「シェアリングエコノミー」。

<まとめ>
 この番組を観ていてわかったこと、「新たな気づきを得られた」こと ↓

『「経済成長」とは、いずれにしても(どのような形態に変化したとしても)結局は「富の移転」である。』
by Virai

*「開発途上国から先進国への「富の移転」であり、「仮想空間における(上がり、下がりによる)「富の移転」である。

 そして、これからは「人類の能力」を超えた「AIの能力」を、人類の富として移転していく世の中になるのであろう。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0