So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

「自由」について考えてみる [Essey]

◆「自由」とは

 「自由」とは、人間が「個人として独立した状態」のことであり、真の「自由」を実現するためには、(集団から)「孤立する勇気」が必要になります。

 その逆の「服従」とは、「従属(隷属)」を求める「依存体質」に基づくものであり、自己を肯定しきれない「不安な人」が支えとするのが「集団への帰属」です。

 あえて、自ら(自由を放棄し)「個」を消してでも、集団に帰属することで、(潜在的なものも含め)安心しようとする意識です。

◆「集団への帰属」を欲し、比較ばかりする意識

 依存思考の人は、「集団への帰属」が最終目標であるため、帰属を完了すると、「他の集団との優劣」を気にかけるようになっていきます。

 自分の家と隣の家、自分の学校(会社)とほかの学校(会社)、自分の住む町、県、国、と帰属する集団の優劣ばかり、気にするようになります。

 真に「自由」な人は、「個として独立」しているので、集団同士の優劣など、そもそも興味がありませんし、どちらだろうと意に介しません。

 学校も会社も関係ない、どこに住もうと関係ない、どこの国だろうと関係ない、という意識こそ、「自由」であることの証です。

 どんな集団(国でも民族でも)でも構わないので、より「どっちの集団(国)が優れているか」など、どうでも良いこと、と認識しています。

 「真に自由な人」(集団への従属から自由な人)にとっては、日本だろうと、韓国だろうと、中国だろうと、欧米だろうと、どうでもよいのです。

 真に「自由」な人は、いつでも、どんな「集団」からでも「自由」に離脱できるし、孤立への不安などないし、怖がったりしないし、自由な意志を持って、躊躇なく行動できます。

 集団への「帰属」とは異なる、参加・離脱が自由な「緩やかなグループ」を形成することだってできます。

 そこに、どんな国の人、民族が参加していようと、まったく意に介しません。

◆「集団」ではなく「個」であることが「自由」の源

 あくまで「集団」ではなく「個」なので、その人自身を、1対1で、評価するのです。

 その人が「人としてどのレベルにあるのか(成長できているのか)」という視点であり、「いい年をした中高年でも、精神性は小学生レベル」なのか、10代であっても「とても高い精神性を持つ」のか、という点です。

 例えば、「他人に危害を加えるような言葉をサイトに書き込み、威力業務妨害で逮捕されるような人」は、年齢が何歳だろうと精神性は「幼稚園・小学校レベル」でしょうし、イチローやキングカズなどは、10代から「社会人どころか、真のプロフェッショナルと言えるほどの精神レベル」に達していたわけでしょう。

 人は成長しようと望み、そう努力し続ければ、生涯にわたって、成長・向上できるわけですが、それを自ら放棄していれば、まったく成長のないまま、一生「幼稚園・小学校レベル」で終わります。

◆「集団へ従属」することで「個」としての弱さから逃れる意識

 「集団への従属」とは、自分への劣等感、無力感から、自分自身のやりたいことに挑戦しようとはせず、外側の秩序、集団に自ら服従しようして、成長を放棄しようとする行為と言えます。

 自ら「服従(集団への帰属)を求める」のは、孤立や孤独といった「自由の重荷」から逃れ、自分よりも「圧倒的に強いと感じる人物」や「力」に服従することで、「自分をなくそう」とする意識から生まれてきます。

 「服従」することで、自分を殺し、自分から逃れ、自己を取り除くことで、安定感を得ようと願うわけです。

 (潜在的も含め)「服従を求める者」は、本当は「依存」であるのに、愛や忠誠と誤認し、「劣等感」を自分への適切な(謙虚な)評価とし、「悩み」は環境のせいだと、自分自身を錯誤させていきます。

◆「悩み」が生じない精神属性

 「服従、従属(隷属)、依存、不安」から解放された、真に「自由」な人には、そもそも「悩み」など存在しません。

 そこにあるのは「挑戦」と「何かを成し遂げようとする過程」で生じる「試行錯誤」であって、「悩み」が発生する「土壌」をそもそも持ちあわせていません。

 集団への「帰属」意識がないので、集団や組織を頼りにしていないため、環境(社会)のせいでも、学校(会社)のせいでも、国(民族)のせいでも、集団内の人間関係のせいでもないと考え、「悩む」ための「素地」自体が、1つもないのです。

◆自分への不安

 自分自身が嫌いな人や、自分自身を卑下している人は、常に自分に対する不安を抱いています。

 「利己主義」とは、自己愛の欠如(自分を愛することができないこと)に根ざしたものであり、利己的な人間は、結局「他人も、自分も、どちらも愛していない」ということになります。

 「利己的な人間」とは、自分を愛しているのではなく、他人を信じられずに不安を抱き、自分よりも多くのものを持っている人間に羨望を持ち、実は自己嫌悪を膨らませていくのです。

 「野心」とは、1人で(何かに依存せずに)生きていくという「強さ」とは逆の、自分の「弱さ」から現れる心です。

 自分自身に「真の強さ」が欠けているにも関わらず、(集団内だけにおける)2義的な強さを獲得しようとする絶望的な試みでもあります。

 「他人を支配しようとする」願望は、「服従者を欲する心」「服従者を頼りにした、自分の孤独に耐えられない心」の弱さ、「自分自身の弱点から逃れ出ること」から現れるものです。

 真に「自由」な人、あるべき「能力」を持つ者は、自己の潜在的能力を実現できる程度に応じて生きていけるため、他人を支配する必要もないし、「(集団内の)権力に対するあくなき追求」といったことをする必要もないのです。

 「鬱」とは、自己の無力感、自己否定、自己卑下、自己の罪悪性に基づく、「自分自身に向けられた敵意」から生まれてくるものです。

◆愛と自由

 「愛」とは、単なる「好み」ではなく、対象への「幸福・成長・自由」を目指す、積極的な追求から生まてくるものです。

 「自分を愛する」ことができない人は、他人を愛することもできませんし、「他人を愛することができる」ということは、自分を愛していることを示しています。

 「愛」は、自分を含むすべての人間や事物に向けられるものなので、「愛の対象となるのが、ただ1人の人間」などということはあり得ません。

 「ただ1人の人間に向けられる愛」と錯誤している感情は、愛ではなく「執着」です。

 「1人でいることができない不安」から相手を求める愛は、相手に対する「依存」なので、相手に依存したいのに、できないと不満を感じ、相手にその不満をぶつけようとします。

 あるいは、その相手との「依存状態、依存環境」が安定してくると、もっと大きな「自分を依存させてくれる対象」、相手を探し始めます。

 その「より大きな依存を求める感情」が、いわゆる「浮気」という感情を生み出します。

 真に「自由」な人は、依存するための相手を必要としていないので、相手を束縛しないし、自由だし、そういう不満も感じないので、不満をぶつけることもないし、より大きな依存相手を探そうともしないし、常に「開放された自由な精神性」で、安定していられます。

 「集団から孤立でき、何にも依存しないで(1人で)いられる能力」こそ、真に「愛する」能力の条件であり、自分自身を信じている者だけが、他人に対しても、真に誠実になれるということになります。

『愛は、人間の実存という問題への、唯一の健全で満足のいく答えである。』
by エーリッヒ・フロム


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0