So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

“ビジネス的観点” からの「真理」を考えてみる [Marketing]

 最近、(特にネットで)、いろんな人が、それぞれに、好き勝手なことを言うのを見かける機会が増えました。

 その「どんな意見であっても、拡散される可能性がある」という状況は、まさに「ソーデャルメディア社会」ならでは、ですね。

 個人が「情報発信者」、場合によっては「メディア」にもなり得る、という象徴的な事象です。

 たくさんの「賛同」を得ることもあれば、「炎上」することもあり、それぞれ、ひきこもごもの影響、結果が生じているのを、みなさんもよく見かけると思います。

 そのような「混沌」とした、意見・批判・感想・賛成・反対の渦巻く中、それらの反響に、右往左往してしまっている人たちも、多く見かけるようになりました。

 なぜ「それらの意見」の度に、自分が「右往左往してしまうのか」と言えば、自分の中に、その事象・思考に対する「明確な軸がない」からですね。なので、人の意見や指摘がある度に、右往左往してしまいます。

 では、人の意見や指摘に、右往左往しない、明確な、自分の「確信」というものは、どうしたら得られるのでしょうか。

 自分の場合は、「真理を得る」ということで、それらに対応する術を見つけました。
 その「軸」さえ持てれば、誰が何を、どう言おうと、揺らされたり、振り回されたりすることもなくなります。

  「真理は必ず存在する」わけですし、「真理」の前には、何人たりとも抗うことはできないからです。

 自分の中に、その「真理にもとづく確信」があれば、誰が、どんなことを、どのように言っていようと、まったく意に介さずにいられます。

 人間は、いろいろな場面における「心の揺らぎ」によって苦しめられるものですが、この「真理」を、常に頭の中に置いておけば、揺らぐことのない「定義」を礎にさえしていれば、心が不安や悩みで揺らぐこともありません。

 迷ったり、悩んだり、いつまでも「物事を決められない」ということもありません。
  「心の揺らぎがなくなれば、苦しみもなくなる」とも言います。

 自分は、自分をその状態に持っていきたい、と常に考えています。

 それでは「真理」とは、なんでしょうか?

<真理【truth】>
「いつ、どんな時にも変わることのない、正しい物事の筋道、真実の道理」と、辞書にも載っています。

「定義が揺らぐことのない、普遍的な事象・思考」をわかりやすく分解すれば、

1.どれだけ時間が経過しても変わらない

2.誰にとっても、揺るぎない定義

3.いかなる場所・空間・次元によっても変わらない

事象、思考ですね。

 100年経とうが、1000年経とうが、「真理」は「真理」のままであり、「定義」が簡単に揺らいでしまうようなものは「真理」とは呼ばない、ですね。

 アリストテレスは「思考と存在が一致することが真理である」としました。
 Aという実体が存在する時、「実体Aは存在する」という命題は真であり、「実体Aは存在しない」という命題は偽である。

 逆に、存在しない実体Bについて、「実体Bは存在しない」という命題は真であり、「実体Bは存在する」という命題は偽である。

 デカルトは、理性的な判断をするための「4つの規則」を提唱し、これに基づいて「明晰かつ判明だと判断されたものを真理と呼ぶ」としました。

 デカルトは、たったこの4つの規則を守るだけで、どんなに難しく、どんなに遠い「真理」にも到達できる、としました。

<デカルトの4つの規則>

1.明らかに真実であると認められない限り、真実であると受け止めない。
 そして注意深く、即断と偏見を避け、疑うことができないほど、明白に、はっきりと定義づけられて( clairment et distinctement)、自分の精神に現れてくるもの以外は、何物も判断に取り入れないこと。

2.吟味する問題を、できる限り多く、その問題を解決するために必要な数の小部分に分割すること。

3.もっとも単純で最も認識しやすいものから考察を始め、もっとも複雑で最も認識しにくいものに向かって、少しずつ段階を踏んで高めていくこと。
 自然のものでも、順序を持たないものでも、順序を考えながら考察していくこと。

4.何1つ、見落とすことはなかったと確信できるほど、完全なディテールと、俯瞰からの、全般にわたる再点検を、あらゆるケースを考えて行うこと。

 このように考えていくと、「真理かどうかを見極める」のは、実は簡単なことで、例えば、次のような「判断基準を(自分の中に)構築していけば良い」のだということがわかります。

1.すでに「明白な事実となっていること」を拠り所にする。

2.「明白な事実」となっていることに対する「異論」は、無視して良い。(どれだけ説得力があろうが、おもしろい説であろうが、キャッチーな極論であろうが、それらは「真理」ではない。)

3.「明白な事実」となっているものを拡げていく、新しい「真理かもしれないとも思われる新説」については、

(1) それまでの「事実」と矛盾するところがないか

(2) 細部にわたって完全なディテールが構成されていて、俯瞰から見た、全体的なロジック構成に、いかなる破綻もないか

といったことを「細分化」し、「順序立てて」考察していけば、いかなる「複雑で認識しにくいもの」であっても、それが「真理と言えるかどうか」という判断はできることになります。

「真理なきところに、聞くべき、何ものの価値もない。」by Virai

「真理はすべて、ひとたび発見されれば、たやすく理解される。問題はそれを発見するということにある。」by ガリレオ・ガリレイ


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0