So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

「事業の成功とは何か」を考えてみる [Marketing]

 自分が期待する成果と、同等以上の成果を出し続けることが「成功」とするならば、「思い通りに物事が進められるか」という点と、そのマネジメントによって生み出された成果が「思った以上の評価を得ることができた」ということが「成功」になります。

 1つ目の「成果を出すこと」については、ドラッカーが言うところの、

 「成果とは何かを理解しなければならない。成果とは百発百中のことではない。百発百中は曲芸である。成果とは長期のものである。」

 「成果とは打率である。弱みがないことを評価してはならない。そのようなことでは、意欲を失わせ、士気を損なう。人は、優れているほど多くの間違いを犯す。優れているほど新しいことを試みる。」

ということなのだと思います。

 次に、「成果をあげるための秘訣」とは、これもドラッカーが言うところの、

 「成果をあげる秘訣は、集中である。成果をあげる人は最も重要なことから始め、しかも1度に1つのことしかしない。

 自らの強みを重要な機会に集中する必要を認識する、それ以外に成果をあげる方法はない。

 自らの強みが異常なほどに大きな成果を生む分野に集中しなければならない。

 1つの分野において卓越することはできる。成功するには、この1つの分野における卓越性に加えて、多くの分野において並み以上でなければならない。」

ということでしょう。

 そして、3つ目の「評価を得る」については、同じく、

 「予期せぬ成功は、市場が高く評価し、喜んで支払いを行ってくれるものを明らかにする。

 それは、リーダーの地位を得るために必要な優位性の存在を教える

 他方、予期せぬ失敗は、市場の変化、あるいは自らの能力の低下を教える。」

ということなのだと思います。

 あとは「どれだけ事前に、失敗しそうなリスクを見出し、そのすべてを取り除く努力、マネジメントを実行できるか」ということではないかと思うのです。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0